2020年06月30日

オードリー春日とかいう「トゥース」「鬼瓦」「アパー」だけで10年生き残ってきた芸人




1: めーとる 2020/06/15(月) 13:50:02.40 ID:+Nj1I5J+M

なんなの




2: めーとる 2020/06/15(月) 13:50:43.07 ID:E8MaS5pnp

椅子壊す芸もあるやん


3: めーとる 2020/06/15(月) 13:51:50.69 ID:be+u72Th0

なんだかんだトークできるからやろ


4: めーとる 2020/06/15(月) 13:52:12.59 ID:NzSX66jK0

カスカスダンスあるが?


5: めーとる 2020/06/15(月) 13:52:21.51 ID:bPYheSwn0

カスカスダンス



6: めーとる 2020/06/15(月) 13:52:33.34 ID:FmGrsaD70

やったことは渡部と変わらないのになぜ許されたのか


12: めーとる 2020/06/15(月) 13:55:05.35 ID:NzSX66jK0

>>6
本人のキャラとそれにあった相方と嫁の対応

これやろなぁ…


16: めーとる 2020/06/15(月) 13:56:29.28 ID:Na3EQIgbp

>>6
やらかした時には相方や周りの人に助けてもらえるかって大きいよな、岡村とかロンブー亮とか


22: めーとる 2020/06/15(月) 13:58:02.23 ID:La5UnoNj0

>>6
プロポーズの10日前で籍も入れてないからセーフだったんやろ


27: めーとる 2020/06/15(月) 13:59:26.18 ID:FmGrsaD70

>>22
むしろプロポーズ控えてる奴が浮気するって構造が理解できんやろ。。。
しかもテレビ番組使ってやぞ





29: めーとる 2020/06/15(月) 14:00:13.28 ID:La5UnoNj0

>>27
芸能界理論では不倫じゃなくて浮気だからセーフ


40: めーとる 2020/06/15(月) 14:01:52.07 ID:53X1UaLu0

>>27
結婚直前に風俗行くノリあるやん
ああいう感じやろ


45: めーとる 2020/06/15(月) 14:02:39.51 ID:maa4VuSQ0

>>27
世間からしたら春日自体が珍獣というかおかしい人間枠に入ってるし
彼女と付き合ってる中でも
風俗の話とかナンパの話しとか公然とした中で別れてないから
ファンからしても意外性が無い


47: めーとる 2020/06/15(月) 14:02:55.37 ID:GoQhm/Mta

>>6
渡部は売春的な要素とか数人いたとかレベルが違うから
不倫だけじゃそこまでひどくはない


7: めーとる 2020/06/15(月) 13:52:46.72 ID:n1k6qFFrd

アパーが一番好きなのにあんまやってくれん




8: めーとる 2020/06/15(月) 13:53:20.47 ID:TjXCTEVvd

春日俊彰の面白さに関する考察

オードリーの面白さの神髄。それは、春日(以下、敬称略)のギャグにある。
これは、春日のギャグが面白さに直結していることを意味しない。
ただ、春日のギャグを中心として、お笑いが構成されているということである。

春日のギャグは大きく分けて3種類:1)大声 2)大声+変顔 3)カスカスダンスである。
「トゥース!」「うまし!」などは1番目、
「アパーーーーーッ!」「ヘッ!」「鬼瓦!」などは2番目に分類される。
特徴は、どれも脈略がないことである。つまり、ありとあらゆる文脈で通用する。
「タイトル」などの前振りも必要とせず、どんな場面でも一定程度の成果を期待できる。
「トゥース!」や「うまし!」で笑う人がいるとは考えづらいので、ギャグとして成立しているのは2番目の分類が主である。
ただし、2番目も実は単体で笑う人がいるとは考えづらい。大学のサークルの飲み会で一芸を頼まれたときに、
これらのギャグしか思いつかなかったら、私ならその飲み会をなんだかんだ理由をつけて欠席する。

「カスカスダンス」は春日のお笑いの中心である「ピンクのベストを着たおじさんが大声を出す」という枠組みから外れている。
「ピンクのベストを着たおじさんが踊りだす」というお笑いである。
特に、クイズの答えを考えている時に、「ピンクのベストを着たおじさんが踊りだしたことで、答えが考えられない!」
という運用がなされることが多い(近年では運用回数が激減している)。
「カス、カスカス、カス、春日」という文言から派生して「カス、カスカス、カス、カスタード」などに変化していくパターンもあるが、
自然と「なんでだよ!」と突っ込みたくなるところに天才性を感じる。

ここまでで明らかになってきた通り、春日のギャグに共通していること、それは、「何が面白いのかよくわからない」
ということである。しかし、この「よくわからなさ」がオードリーのお笑いの神髄であると考えられる。
これがあるから、若林が「何だよそれ!」と突っ込めるのである。
ここで注目すべきは、どうやって「何が面白いのかよくわからない」ことを考えついているかということである。
この10年でほぼ唯一の新ギャグを生み出した際にも、『「アパーーーーーーッ!」って言ったら面白いぞー』
などと考えてしまえるところが、まさに春日が天才たる所以なのである。

なお「春日のここ、あいてますよ」について、約10年間、春日のここは一度もあいていなかったことから
これは「ギャグ」ではなく「単なる嘘」であることを補足しておく。


14: めーとる 2020/06/15(月) 13:55:58.70 ID:+Nj1I5J+M

>>8


15: めーとる 2020/06/15(月) 13:56:19.36 ID:OkaQSlkF0

>>8
これなんや


21: めーとる 2020/06/15(月) 13:57:43.92 ID:qJAf0uzca

>>15
オドぜひって番組でリアルに論文書いてる人が春日について考察したもの


32: めーとる 2020/06/15(月) 14:00:42.36 ID:RndaaU020

>>8
はえ~


41: めーとる 2020/06/15(月) 14:02:06.47 ID:PlCIUSoD0

>>8
あの京大の人真面目にバカやっててすき


46: めーとる 2020/06/15(月) 14:02:50.19 ID:wMQga/6N0

>>8の動画


9: めーとる 2020/06/15(月) 13:53:26.62 ID:La5UnoNj0

1度もボケた事無いのに売れたレジェンド




posted by 管理さん at 13:30| Comment(0) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください