2020年10月28日

高木社長「ねぇ、キミぃ…」




1: めーとる 2020/09/22(火) 20:05:36.303 ID:N9CFlW0Xp.net

このSSはゲームや漫画、アニメの設定がごちゃ混ぜになってますのでご了承ください




2: めーとる 2020/09/22(火) 20:06:40.518 ID:N9CFlW0Xp.net

00

 アイドル。この世知辛い世の中で生きる人々に希望を与え、なおかつ自分も希望を与えてもらえる存在。そんなアイドルが私は大好きだ。どれくらいかと言えば、自分で事務所を構える位には。


3: めーとる 2020/09/22(火) 20:07:21.368 ID:N9CFlW0Xp.net

「ふぅ…」

 我が765プロダクションも気づけば大きくなったものだ。かつては雑居ビルの一室に事務所を構え、従業員も音無君と秋月君の二人だけだったというのに。まあそうは言っても移転した今もその二人にプロデューサーである彼を加えただけなのだけれど。


4: めーとる 2020/09/22(火) 20:08:26.117 ID:N9CFlW0Xp.net

「社長、お疲れなんじゃないですか?」

「ははは、まだまだ大丈夫だよ。音無君」

 ちょうど書類の区切りがついたところで音無君からお茶を差し出された。たしかこれは萩原君が持ってきてくれたものだったか。


5: めーとる 2020/09/22(火) 20:09:38.215 ID:N9CFlW0Xp.net

「今日は雪歩ちゃんが持ってきてくれた玉露を入れてみました。普段とは違いますけど…」

 それも彼女なりの気遣いだろう。細かなたころまで目が届く。世界中のどこを探しても彼女より素晴らしい事務員は居ないだろう。何せ私がそう思うのだから間違いない。そう、ティンときたのだ。



6: めーとる 2020/09/22(火) 20:10:57.703 ID:N9CFlW0Xp.net

「…ありがとう」

 しかし、私はどうなのだろう。彼女たちの力を引き出せているだろうか。

「大丈夫ですか?なんだかぼーっとしているような気がしますけど…」

「はは…君には敵わないな、音無君…」

 アイドルのみんなと出会う前から一緒にいた彼女には隠し事は無理らしい。私は観念して懸念していたことを口にする。


7: めーとる 2020/09/22(火) 20:11:40.805 ID:N9CFlW0Xp.net

「音無君は、ここで…765プロで本当に良かったかね?」

「え?」

 鳩が豆鉄砲とはこういう時に使うのだろうか。いまいち話の要領を得ていないであろう彼女に私は続ける。


8: めーとる 2020/09/22(火) 20:13:18.579 ID:N9CFlW0Xp.net

「いや、君は有能だ。少人数しかアイドルがいないとはいえこの765プロの事務をほとんど一人でこなしてくれていることには感謝しかない」

 今更誤魔化しても仕方ない。少し照れる気持ちもあるが日頃の感謝とリスペクトを正直に言葉にした。


9: めーとる 2020/09/22(火) 20:14:18.803 ID:N9CFlW0Xp.net

「けれど…いや、だからこそ思うのだ。君は…765プロで良かったのかと…」

「はぁ…」

 無理をさせている。彼女の有能さに頼り切りになってしまっている。せめてもと、昇給や人手を増やす話を持ちかけたこともある。そこまで余裕があるわけではなかったが、彼女には身銭を切ってもバチは当たらない。そう思って声をかけると彼女はいつもこう言っていた。

『そのお金をあの娘たちに回してあげてください』

『私なら大丈夫ですから』

 いつも、どんな時も彼女から返ってくるのはそんな言葉ととびきりの笑顔だった。


10: めーとる 2020/09/22(火) 20:14:35.767 ID:Mmz5MFrUd.net

支援





11: めーとる 2020/09/22(火) 20:15:17.520 ID:N9CFlW0Xp.net

「思ったことはないのかい?ここよりも条件が良い場所に行きたいと…」

 アイドル事務所は他にも、いや、アイドル事務所じゃなくたって、彼女の能力ならばどこでも活躍できるだろう。きっと今よりも良い待遇で働ける。私と知り合ってしまったがために、私に情が湧いてしまったがために縛り付けてしまっているのではないか。そんな考えが浮かんだのは一度や二度ではない。


12: めーとる 2020/09/22(火) 20:16:27.275 ID:N9CFlW0Xp.net

「ここより良い場所ってどこですか?」

「え?そりゃぁ、961プロとか、876とか…」

「社長、それ本気で言ってます?」

 久しく見ていなかった心底呆れたというような表情。黒井や石川ならば、彼女も知らぬ仲ではない。特に黒井は今でこそあんな態度を取っているけれど、私のことを抜きにすれば音無君をぞんざいには扱わないだろうというのに。


13: めーとる 2020/09/22(火) 20:17:43.877 ID:N9CFlW0Xp.net

「いや、君に限ったことではないのだ…アイドルの諸君も、私が見つけてきた最高の原石だ…もしかしたら、こんなコネも金も無い私でなければ、もっともっと…」

 彼女たちの実力、才能は本物だ。そんなもの誰が見てもわかる。けれど私はどうだ。業界にほんの少し長く居ただけ。日高舞が引退し、表に立つ者も裏で支える者も多く辞めていったあのアイドル冬の時代に、しぶとく生き残っただけでしかない。こんな男の事務所で無ければ…彼女たちももっと…


14: めーとる 2020/09/22(火) 20:17:51.565 ID:Mmz5MFrUd.net

支援あげ


15: めーとる 2020/09/22(火) 20:18:41.942 ID:N9CFlW0Xp.net

「はぁ…そんなに言うなら聞いてくればいいじゃないですか」

「ん?どういうことだね?」

「だから!アイドルの娘たちにも聞いてみたらいいんですよ!765プロで良かったのかどうか!」

「君ぃ…それができれば…」

「できればもへったくれもないですよ!ほら!お仕事はできるところやっておきますから!聞いてきてください!」

「ちょ!?音無君!?」




16: めーとる 2020/09/22(火) 20:19:48.566 ID:N9CFlW0Xp.net

01

 変なところですぐに行動に移せる実行力は母譲りだろうか。社長室から叩き出されながら、『全員に聞くまで戻ってきたらダメですよ』と言われ、あれよあれよと言う間に鍵までかけられてしまった。


17: めーとる 2020/09/22(火) 20:20:50.539 ID:N9CFlW0Xp.net

「むぅ…困ったねぇ…」

 これではどちらが雇い主なのかわからない。そんなことを考えていると…

「あれ?社長?どうしたんですか?」

「おぉ、天海君」

 ちょうど事務所にやってきたばかりの天海君に声をかけられた。道中、バレてしまわないように変装しているのだろうか、トレードマークのリボンは帽子に隠れ、いつもはしていない眼鏡をかけているが彼女の魅力に変わりはない。


18: めーとる 2020/09/22(火) 20:20:52.370 ID:Mmz5MFrUd.net

00とか01はチャプターってこと?


19: めーとる 2020/09/22(火) 20:21:17.409 ID:N9CFlW0Xp.net

>>18
まあそんな感じ


22: めーとる 2020/09/22(火) 20:22:16.445 ID:Mmz5MFrUd.net

>>19
thx
続き待っとります


20: めーとる 2020/09/22(火) 20:21:52.579 ID:hBXB2MFi0.net

ss?
支援




posted by 管理さん at 20:22 | Comment(0) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まとめ関連動画

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください